読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闘わなきゃLooser!

梶山朝日くんとTravis Japanが好き。Twitter:@kj_bw03

人生で初めて『Endless SHOCK』を観劇した話。

世の中には二種類のジャニオタがいる。「SHOCKを観たジャニオタ」と「まだSHOCKを観ていないジャニオタ」だ。

ということで、ジャニオタ10年目にして『Endless SHOCK』を観劇してきました!!はい拍手!!パチパチパチ!!えー感想をつらつらと書きます。


KinKiファンのリア友からよく話を聞いていたので、ずっとSHOCKを観たいと思ってました。でも「チケも倍率も高い」と聞いてビビってしまって、なかなかその一歩が踏み出せずにいたんです。

しかし今年のSHOCKに、我が愛する浜中文一さんの出演が発表されたではありませんか!!「ねぇ、文一さんと聞いて黙っていられるオタクだと思う??」とお金を握りしめて私は颯爽と郵便局へ向かいました。
ところが結果は惨敗。やっぱり厳しいな、今年もSHOCKに行けなかった……と完全に諦めていたところ、なんとフォロワーさんのお友達がご厚意でチケットを譲ってくださったのです!!なんという身に余る幸せ……!!!

ということで幸せすぎて「これからSHOCKが観れる」という実感が全くわかないまま帝国劇場に向かい、座席に座り、そして幕が上がりました。


SHOCKすげぇ。

なんて物質か知らないけど、人生を活性化させる物質が確実に脳みそからドバドバ出てた。本当にSHOCKすごい。1曲1曲にわくわくしてゾクゾクして鳥肌が立って目が離せなくてフッと涙が出そうになって……なんだこの舞台。いくらなんでも凄すぎやしないか??

大袈裟な表現だと思われるかもしれないけど、本当に「人生で1番贅沢な時間」だと感じました。「光一くんが好きなら絶対観るべき✨」とか「屋良っちめちゃくちゃダンス上手いよ😉」とか、そういう次元じゃない。
「音楽やダンスに1度でも心を動かされたことがある人はぜひ観て」ってかんじ……上手い言葉が見つからない。精進します。


そしてSHOCKを観てて思いました。

「あれ、この舞台って1万3000円だよね……??」

完全にお釣りが来るレベル。1幕の途中から「ねぇこれ本当に1万3000円なの!??もう私1万3000円分楽しんだよ!??追加料金とか要らないの!???」ってずっとジタバタしてた。(これは比喩的な表現です。物理的には良い子で観劇していたのでご安心ください)

今まで「SHOCKは高いよな〜」って思ってたけど、逆でした。SHOCKはあまりにも安すぎる。1万3000円出せばあんな凄い舞台観れるなんて価格破壊にも程があるでしょ。むしろジャニーズ系の舞台で1番安いのってSHOCKなんじゃない??

というか本当に1万3000円であんなにも贅沢な時間を過ごしていいのでしょうか。SHOCK安すぎる……「実質無料」とかを通り越してもはや光一座長に奢ってもらってるとしか思えん……座長あざっす!!ゴチになりました!!!あざっす!!!!(帝劇の方角に向かって土下座)


そしてびっくりしたこと。

光一くんのフライングがすごい。

「何"ラーメンって美味しいよね〜"みたいな当たり前のこと言ってんだよ!!」と思った方、申し訳ない。でも光一くんのフライングが本当にすごかったんだ。

1階の下手に座ってたので、ちょうどフライングが真横から観れたんですよ。布使ってわさ〜って飛ぶやつ(伝われ)、あるじゃないですか。まるで光一くんに羽が生えて飛んでいるかのようで、いやぁ……美しかった。力強いのに美しくて儚くて綺麗で、感動のあまり思わずボロボロ泣いてしまいました。
あと「光一くん…妖精さんみたい……」って小学3年生みたいなことを思った。光一くんは妖精さんだった。

どのフライングも本当に綺麗で「人がワイヤーで吊るされてるだけなのにどうしてこんなにも感動するんだろう」と哲学チックなことを考えてしまうほど綺麗でした。あの景色は一生の宝物だなぁ……できることなら来世にも持っていきたいくらい綺麗な宝物です。本当に行けてよかった、よかった……

あ、浜中文一さんの話もしよう。よくA.B.C-Z好きな人が「五関様は宗教」って言ってるけど、私にとってそのポジションは浜中文一さんなんですよ。うん、文一さんは相変わらず最高に素敵な人でした。また浜中教やめられなくなってしまった。
ふとした瞬間の仕草が上品かつ色っぽくてたまらんよな。余裕を残したというか、自分の限界を見せないようなダンスも大好き。あ〜〜好き!!!文一さん好き!!!!



……さっきからずっと言葉を探してるんだけど、「すごかった」しか出てこなくて頭を抱えてる。どうしよう。毎シーン毎シーンさいっっこうに盛り沢山すぎるんだよ。ステージ上も盛り沢山だし、それを観ている自分の感情も盛り沢山で今にもパンクしそうで!!!「凄さ」で脳みそを永遠に殴られているかの……そう、まさにEndlessにSHOCKを与えられているかのような舞台だった。その名の通り。


語彙力が限界に達したのでこの辺で締めます。本当に贅沢な時間でした。「またSHOCKに行く」が人生の目標に追加された。絶対行きたい。行きます。みなさんもぜひ。あ、明日はきっと髪の毛ツヤツヤ&お肌ツルツルになってるに違いないね、ぐふふ。(現場の後あるある)

最高のめくるめくステージをありがとうございました。

行けてよかったーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!


おわり。