闘わなきゃLooser!

Travis JapanとSEVENTEENを反復横跳び中

梶山朝日くん→松田元太くんに担降りしました

タイトルだけで何が起こったかが手に取るように分かってしまう担降りブログだね!??(バレバレ)

というわけで、みなさんのご想像どおりの展開となる担降りブログを書くよ!!

まずこれは「担当よりも好きな人が見つかった」系の担降りではなく、「担当がステージからいなくなってやさぐれていたジャニオタの前に一筋の光が差し込んだ」系の担降りだ、ということをお伝えしておきます。


そうだね、まず担降りの経緯から書こうか。

スウッッ

自担が!!!事務所を!!!辞めたんですよ!!!!!(いきなり胃が痛いポーズ)

詳細はこちらです。そうです、自担がいわゆる「辞めジュ」になりました↓

takoyakitabetai.hatenablog.com

お先真っ暗じゃないですか。おい、自担が辞めるなんて5年ぶり3回目だぞ。(慣れちゃいけないけどちょっと慣れた)

でも私はジャニーズという文化が大好きだから、「じゃあこの勢いでオタ卒〜」とかはしたくなかった。ジャニオタをやめる気はなかったんです。だからそのためにもなるべく早めに新しい担当を見つけたい。

しかし前回自担が辞めた時はピンと来る子が全然見つからず、新しい自担ができるまで4年もかかったんですよ……(まぁその4年かかってやっと出会えた自担も事務所を辞めたんだけどな??)

今回もいろんな人を検討したけど、降りる先がイマイチ見つからない。あれっなんか同じにおいがしてきたな。どうしよう。「アカン……これまた年単位で担当見つからないパターンや……」と恐ろしくなり、部屋の隅で膝を抱えて一点を見つめるような日々を送りました。

【余談】
その時に同担の友人と酒を飲みながら「次の担当は誰にする?」会をして、結論は出なかったけどめちゃくちゃ楽しかったよ!という話↓

takoyakitabetai.hatenablog.com


そんなこんなしていると、Travis Japanの湾岸公演がスタート。心の傷がまだ癒えていない&普通にチケットがご用意できなかったということで、私はお家でレポを待機していました。すると、予想していなかった文字が目に飛び込んでくるではありませんか!

\松松がゲストに来たよ!!!!/

ええええええ!???松松ちゃん!???

松松の名前が入った新曲もきたということで、あっこれまだゲスト言うてるけど最終公演あたりに松松のトラジャ加入が発表される流れや……俺は詳しいんだぞ……という気持ちでレポを読み漁りました。

私的には松松加入は\そうきたか!!!!(ジャニストのあの図)/の一言に尽きるというかんじで。でも私のTLにいたオタクたちがすごく楽しそうなレポを次から次へと上げてくれたので、不安な気持ちはなく新生トラジャを早く見たい!!という前向きな想いで一色になりました。


そして予想通り最終公演で松松の加入が発表され、その公演の様子が翌日のめざましで流れました。

めざましで新生トラジャを見た私の第一印象は\これはいいぞ!!/で。何故かというと、やはり自担が辞めたということで旧トラジャを見ると真っ先に「自担がいない……」ということを考えてしまったんですよ。
でも新生トラジャは松松のおかげで「自担がいない……」よりも「なんか見慣れない2人がいるな!???」という感情が先に来たんです。

それまでは「もちろんTravis Japanは今後も応援したいけど、自担がいない光景に慣れてからだな……」と思っていました。
しかし松松がいれば、自担の幻影を追わずに済む。これならすぐにトラジャのファンとして復帰できるかも!と希望の光が差し込んだのです。

そう、他のみなさんがどう思ったかはわからないけど、少なくとも私は松松加入のおかげで「またトラジャのファンで居続けることができる」と心が救われたトラジャ担です。本当に松松ちゃんありがとう。この時点でもう頭が上がらない。


しかしお恥ずかしい話ですが、ワタクシ松松にはあまり詳しくなかったんですよ。ちょっと遠くから「松松ちゃん今回も一緒のお仕事か〜よかったね〜」と見守るようなスタンスで応援していたので、がっつり松松のパフォーマンスを見ていたわけではなかったんです。SHOCKは観に行ったんですけど、浜中文一さんのことしか見てなかったのでびっくりするほど松松の記憶がない。おい、何をやっていたんだ私は。(まぁ浜中文一さんは宗教だから仕方ないね)(??)

そこで\希望の光になってくれた松松のことをもっと知りたい!/と思い、1週間本気で松松のお勉強をする「松松強化週間」を実施しました。ちなみに何故1週間かというと、1週間くらいなら卒論を書かなくても大丈夫だろうと思ったからです(書こうね)

ちなみに松松強化週間中のツイートはモーメントにまとめてあります。それなりに面白いです。もしよろしければどうぞ↓


いやぁ…………楽しくてさ!!!本っっっ当に松松強化週間が楽しくてさ!!!!

目の前がキラキラするような感覚の中、私は夢中で松松の映像を再生し続けました。
楽しい!!松松は楽しい!!こんなにも素敵なシンメをなぜ私は今までスルーしていたのだろう!!そうだよジャニオタの醍醐味ってこれだよこれ!!あ〜〜オタ卒を決意しなくて本当によかった〜〜!!!

と踊り狂っていたところ(比喩表現ではなく本当にセクゾのバッグに付く松松ちゃんと一緒に踊りまくってた)、ふとあることに気付きます。


「あれ……私………なんかこう、松田元太くんのこと………好きじゃない???」


さぁ、みなさんで一緒に歌ってみましょう。

\転げ落ちるみたいに♪ 加速して♪ あつーい♪ きおーく♪わすーれらーれない♪/


まさにCrazyなAccleとなってげんげん沼に頭から突っ込んでいきました。

いやぁ…本当に……松田元太くんは素晴らしさのかたまりなんです。ここで松田元太くんの良さを語っているとそれだけで記事1本分になってしまうので今回は省略させていただくんですが、本当に松田元太くんは素晴らしいんです!!(大声)

げんげんの何に落ちたってさ、もちろんルックスも大正義だし温かい人柄も好きだけど、私はげんげんのダンスが何より大好きなんですよ。「こんなにのびのびと楽しそうに踊る人見たことない……」と感動のあまりテレビの前で号泣してしまうくらいげんげんのダンスに心底惚れて。
そう、そしてげんげんのダンスってどんな時も「綺麗」なのが魅力的なんです。すごく丁寧で上品なの。姿勢が良くて指の先までまっすぐで、凛とした美しさがあるんですよ。それでいて喋るとキュートなマシュマロボイス……待って、好きじゃん??どう考えても恋始まってるじゃん???


この松松強化週間で印象的だったのは、これ観たい!これで松松のお勉強がしたい!と思ったものが、ほとんど「すでに家にあった」んですよ。げんげんの活躍が観たくて滝沢歌舞伎2016は新たに購入したんですけど、その他諸々はすでに家にあって。

え??これ今までめちゃくちゃ観てたじゃん??なんで松松に気付かなかったの??とびっくりしたし、松松ちゃんに注目して改めて観ると今までと全然違う景色になるんですよね。その「違う景色になる」感覚がすごく面白かったし、何よりセクゾ担でも該当バッグ担でもなかったのにサマパラ2016を購入していた過去の私を褒め称えました。(偉いぞ〜👏👏)

ということで実は無意識に松松ちゃんのステージっていっぱい観てたんだなぁって思ったし、沼というのは気付いてないだけで意外と近くにあるんだなぁって思ったし、人生は沼と隣り合わせなんだなぁって思ったのが収穫です。
「七色の花」を探して旅に出たけどその花は自分の家の花畑にあった……という名作アニメ『花の子ルンルン』を彷彿させるような松松との出会いでした。(唐突に1979年のアニメの話をするでないぞ)


そんなこんなで1週間が経った時、少クラで松松加入verの「夢のHollywood」が放送されることになりました。まさにジャストタイミング。こちとら必死になって1週間松松のお勉強をしたんだぜ!!どっからでもかかってこいやぁ!!と挑みました。

いや、もう号泣ですよ。

だって大好きになった松松が、ずっと応援してる大好きなTravis Japanのメンバーと一緒に「Travis Japan」として歌って踊ってるんですよ??大好き×大好き=死ぬほど大好き、じゃないですか。こんなに幸せなことがあっていいものなのか……と怖くなるくらい幸せなパフォーマンスでした。

あともう1つ幸せだと感じたのは、夢ハリが放送されたのをきっかけに「松松いいね!」と言ってくれるトラジャ担が増えたし、「トラジャいいね!」と言ってくれる松松担も増えたように感じます。どちらも大好きな私にとってすごくすごく嬉しい。
私が松松に出会って超絶ウルトラハッピーになったトラジャ担だからぜひ他のトラジャ担のみなさんも松松の魅力に殴られてほしいし、松松担のみなさんもぜひTravis Japanの素晴らしさにノックアウトされてほしいなぁと密かに願っています。ほら!みんな仲良くなろ!?楽しいよ!!(急に雑かよ)


とまぁそんなこんなでさすがに一時の恋とは言えなくなってきたので、げんげんに担降りするか……と覚悟を決めてブログを書いているのが現在です。よし、時系列つながったな。

正直朝日が辞めて松松が増員されなかったらげんげんに降りることもなかっただろうし、そうすると私がこんなにも幸せな気持ちになることもなかっただろうし……と考えると、私の場合は皮肉な事に「梶山朝日が退所した」ことが思いも寄らない形で幸せに結び付いたんだなぁと思います。

いやそりゃ自担の退所なんて悲しいことでしかないですよ!??げんげんと出会えた今だって、もし「朝日が辞める世界線と辞めない世界線どちらを選ぶ?」と聞かれたら朝日が辞めない世界線を選びますよ!??
でも自担が辞めた悲しみが今の幸せと紙一重になってたのかもしれないなぁ……とぼんやり考えてしまいます。

そう考えると「プラスの意味だけ」「マイナスの意味だけ」の物事なんて存在しないと実感するし、今日悲しいからって明日も悲しいとは限らないんだなぁって思いました。(だんだん話が大きくなってきたぞ)


これ以上風呂敷を広げると回収しきれないのでこの辺で締めさせていただくんですが、本当に松田元太くんに出会えて幸せです。やっぱり私には「世界で1番大好きな人」を軸にして、その周りをぐるぐる回っている生活が合っているなぁと感じました。げんげんのおかげでまた世界がキラキラし始めています。感謝でしかない。

松松のお勉強をして「なんでこの時私は松松のことを見てなかったんだ!」とか「どうしてもっと早く松松の素晴らしさに気付けなかったんだ!」とか悔しい思いをすることも多いんですが、その悔しさをバネにしてこれからの松松の2人を全力で見つめていきたいと思っています。


またここまで松松にハマるにあたって「松松のプロ」の方々には本当にお世話になりました。\○○が知りたい!教えて松松プロ!/とツイートすると、心優しい松松担の方が本当に教えてくださるんです。なんて優しい世界。今でもびっくりしています。

松松担の方々にお世話になった御恩を返すためにも、私も今後\松松の事が知りたい!/という方に出会った時には優しく手を差し伸べて(沼に突き落すことができる)松松担でありたいと思っています。やべ、今ちょっと本音が漏れちゃった。げふんげふん。松松で売れような!!

(あと松松のプロ、SHOCKのチケットを獲得するために効果的な徳の積み重ね方がありましたらぜひ教えてください。SHOCKに行きたすぎて気が狂いそうです。やはり一日一善と神社に御参りでしょうか。お願いします)(もしかしなくても:全滅)


そして、松松がTravis Japanのメンバーになったことにとってもワクワクしています。松松は永遠に松松でいてほしいけど、それと同時に松松が松松以外のメンバーと絡んだ時の化学反応も見てみたくて。実際Jr.dexでは「ケツを争ってる2人」のしめまちゅコンビのとんちんかん回答が見れましたね。しめまちゅ可愛いかよ。

Twitterでも言ったんですが、トラジャの松松は「ジャニストにおけるB.A.D.」みたいになってほしいなぁと思います。きっと彼らなら今後も松松を松松として大事にしてくれるんだろうな。おそらくSHOCKが終わってからが本格的に新生トラジャの幕開けになると思うので、その時に見える景色を楽しみにしたいです。


てなわけで!長くなりましたが!無事に担降り成功しました!松田元太くん!!これから末永くよろしくお願いします!!宇宙一愛してるよ!!!


おわり