闘わなきゃLooser!

Travis Japanが好き。ジャニオタです。

ヒプノシスマイク1st LIVE@イケブクロで派手に殺された屍が喋らせていただきます

いや、まさかこんなに殺されるとは思ってなかったよね(褒め言葉)

というわけで、行ってきました!ヒプノシスマイク1st LIVE@イケブクロ〜〜!!!\ドンドンパフパフーー!!/

つらつらと感想を語りたいと思います。完全に脳みそのキャパをオーバーしてしまったので、レポではありません。感想です。ご了承くださいませ。


まずさ、ライブ前の話していい??噴水広場のスクリーンにて、我々がもう何百回と再生しただろうあのMVの上映が始まるんですよ……(これです↓)


Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Music Video

推しが、大きい画面で、映る。

なんかもうこれだけで感極まって涙が出そうになりまして……

そしてちらほら\ラムダー!!/みたいな声が上がっていて、あっこれMVに合わせて声出していい空気だ!と思ったので一二三ちゃんのパートで思わず叫びましたよ。

Love me do!!!!!/

声が、みんなと、揃った。

そこにいたヒプマイファンの「堪えきれず思わず出てしまった声」がぴたっと揃った瞬間。いやもうこれを、これを、ずっとみんなと言いたかったんだ……!!!とまた感極まって涙が出そうになりまして……(本日2回目)

ぶっちゃけこの開演前のMV上映で9割方お腹いっぱいになりました。さて、ここからが本編です。9割方お腹いっぱいになった状態から始まります。


食べきれないって!!!!!!!!!(心の叫び)


本当にキャパオーバー。キャパオーバーの嵐。途中まで「全部覚えて帰ろう」と意気込んでいたんですが、\こんな情報量持って帰れるわけがない!!!/と脳みそを殴られ続けました。

まず開幕があのMVの曲ですよ。出演した声優さんはイケブクロの3人+各ディビジョンのリーダー3人の計6人だったので、いる人のパートだけを繋ぐというバージョンでした。でも構成上必要な部分は代わりに歌っていたので、「ネオンギラつく不夜城(CV:速水奨)」等が聴けたりしてなかなかにレアでしたね。

\イケブクロ!!/とか\ヨコハマ!!/みたいにコール入れるのが本当に楽しかった!!
ちなみにイケブクロ3人のパートは感極まりすぎてあんまり覚えてないです。(しっかりしろ)

浅沼さん@左馬刻様の「よく踏み慣れたよくあるツラだな」で\ふぅ〜〜〜↑↑↑/って歓声が起こってたのがホント左馬刻様ってかんじでした。(ボキャ貧)
あとしらいむ@乱数が自分のターンの時にぴょーんとステージ前方に躍り出たら\き゛ゃ゛あ゛あ゛あ゛ら゛む゛た゛〜〜〜〜!!!!!!!/みたいな悲鳴が上がったのには笑った。ちなみに私も叫んだ。お前もかい。
そしてラスボスの速水さん@寂雷さん。最初は低く小さく、最後に向かってどんどん圧が強くなるという音源とは違う歌い方をしていて圧倒されました。好きしかなかった。さすがです。


んで「ヒプノシスマイクってなぁに?」みたいなトークコーナーが始まったんですけど、そこで\バーン!!!/\バーン!!!/\バーン!!!/とキャラクターのカラービジュアルが登場しまして。
(ご存知ない方に説明すると、1st LIVE開催時には12人中5人分のカラービジュアルしか公開されていませんでした)

全員に色が付いた。

12の功業を成し遂げたギリシャ神話の英雄ヘラクレスだって、このカラービジュアルを前にしたら為す術もないだろうな……と思うくらいの殺傷力の高さでした。誰に1番殺られたかな〜やっぱらむだ??でも一二三ちゃんが金髪なのもめちゃくちゃ熱いし、独歩ちゃんが赤系の髪色だったのも予想外で良かったです。あと夢野さんの御召し物の色が綺麗だったことも覚えています。まぁとりあえず死んだ。ド派手に死んだ。


んでそれから朗読のドラマパートかな??脳みそ殴られてるから記憶が曖昧だぞ!
ドラマパートのストーリーを一言で説明すると、「イケブクロに他のディビジョンのリーダー3人が遊びに来るよ!」みたいなかんじでした。途中ラップバトルあり。

三郎推しでイケブクロ三兄弟さいこー!な私が1番ぐっときたのは、三郎vsらむだのラップバトルで三郎が負けちゃった時に、二郎が

「三郎は俺とのバトルの後だったから本調子じゃなかったんだ!」(ニュアンス)

みたいなことを言ってフォローに入ってたことですよね……二郎……お前って奴は……この兄弟については語り出すと長くなるので今日はこの辺にします。続きはまたの機会に。

んでこの三郎vsらむだのラップバトルがさぁ……らむだって全部の語尾に♡と☆が付いてるような口調なんですよ。でもバトルで披露したラップがぐいっぐいに言葉詰め込んでて超かっこよくて。

え、え、えええ〜〜マジかよらむだ〜〜〜お前やっぱゴリゴリに強い男じゃんか〜〜〜〜!????って震えました。恐ろしい男だよホント。

他にも寂雷さんの「○○君」呼びに死んだり、左馬刻様が寂雷さんのことを「先生」と呼んでいたのにも死んだりしました。恐ろしいドラマパートだった。今回きりで終わりになってしまうのは実にもったいないので、声無しの文字だけでもいいから何らかの形で公開してほしいです。よろしくお願いします。

というかそもそもの話だけど、我々は1stライブ開催時にイケブクロ以外のキャラクターの「普通に喋ってるところ」すら聴いたことなかったんですよ。(公開されているのはMV曲のソロパートのみ)
だから内容がどうこうとかの前に「シャ…シャベッターー!!!!」みたいな興奮が冷めず、ぶっちゃけ内容をよく覚えていない。そういう意味も込めて、何らかの形でドラマパートをもう一度よろしくお願いします。(切実な願い)


次はイケブクロ3人のソロ曲コーナー。1番手は二郎でした。かっこよかったぁ!!石谷くんが「お客さんの前で歌うの初めて」と言ったんですが、ホントに!??と思うくらい堂々としたステージでした。
石谷くんがニコ生で「いえええええあ↓↓↓↓みたいに下に下に歌いながらバックの楽器に負けないようにするのが大変で……」と語っていましたが、全っっっ然後ろに負けることなく声の圧もガンガンで本当にかっこよかったです。

そして来ました、三郎のターンです。推しだから語っていい??いいよね??
いやなんかもう本当に…目の前であまにゃんが三郎くんとして「New star」を歌っているという姿に胸がいっぱいになってしまいまして……わたくしペンラすら振れないくらいに感極まってしまいました……棒立ちです………

んでさぁ、会場が池袋サンシャインの噴水広場じゃないですか。あまにゃんの歌っている姿を見ながら考えてしまったんです。
あのね、噴水広場の悪口じゃないよ!でももしこの場所が音響の良いライブ会場で、ステージもすごく広くて、ステージ上にはあまにゃん1人だけがいて、スポットライトがステージに降り注いでいて、そして客席にはあまにゃんと三郎ちゃんのためにペンライトが一面に揺れていたら、それはどんな景色なんだろうって。私は「New star」という曲を、そんな景色の中で聴いてみたいと思ってしまって。

そんな夢みたいな景色を絶対に見たいと思ったし、あまにゃんにもその景色を見せたいと思ったんです。

だから私はイケブクロのあの場所で「ヒプノシスマイクをもっともっと大きなコンテンツにしてみせる……」と密かに闘志を燃やしていたのでした――


……まだ終わらないよ!???(セルフツッコミ)


さて、イケブクロ三兄弟のトリを務めたのはやはりこの男、昴さん@一郎でした。
かっこいい。かっこよかった。それしか言えないステージでした。三郎ちゃんのターンの後でとくに脳みそが死んでたからってのもあるけど、本当にかっこよさにただ殴られていた。

ヒップホップ慣れしてない観客たち(例:私)を前に、間奏部分で「指で1作ってくれ!一郎の1だ!そのまま上下に揺らしてくれ!(ニュアンス)」とヒップホップらしいノリを作り出して会場を1つにまとめ上げていました。一兄かよ。昴さん一兄じゃん……


と震えたところでライブパートは終了。その後は告知コーナーでした。告知の詳細は公式HPのNEWSの欄に記載がございますので、ぜひそちらをご覧くださいませ↓(お前誰だよ)

hypnosismic.com

んで終わる?もう終わっちゃうの??って空気になったところで、もう一度MV曲のライブが!!やったーー!!

ライブ幕開けのMV曲では「みんなのアイドル乱数の」まで待てずに私だけじゃなく周りの人たちも\ぎゃあああああらむだああああああ!!!!!!/って叫んでたんだけど、最後のMV曲ではちゃんと我慢して\ラムダーーー!!!!!/が出来たので満足しました。楽しかった。悔いなし!!


という大満足の1st LIVEでした。約1時間30分……恐ろしい話していい??これ無銭イベだよ。嘘でしょ???
今回お金が要らなかった代わりに、今後永久的にヒプノシスマイクにお金を落としていくぞ!と改めて心に決めました。末永く応援していきたい。

ぜひいつか、12人全員が揃うライブをよろしくお願いします!!!待ってます!!!

あと会場で流してくれたヨコハマの視聴動画をYouTubeに上げてください!!!!また聴きたくて発作が起きそうです!!!!お願いします!!!!!!

ちなみにファミ通さんによる語彙力と記憶力と素敵な写真が溢れるステージレポはこちらです。あまにゃんが可愛いのでぜひ読んでください↓

app.famitsu.com


というわけで今回はこの辺で!記憶が復活したらまた追記したいと思います。

おしまい